地方公共
団体名
東茨城郡 城里町(茨城県)
読み方 ひがしいばらきぐん しろさとまち
地方公共
団体コード
08310(08310-1)
公式HP
〈新型コロナウイルス感染症、ワクチン接種等の情報も〉
地図

地図を表示(区域)

  • 東茨城郡 城里町」の読み方は、「ひがしいばらきぐん しろさとまち」です。
  • 茨城県 東茨城郡 城里町」の団体コード(5桁)は、「08310」です。
    ※ チェックディジットコードを含めた6桁表現だと、「08310108310-1)」となります。

「茨城県 東茨城郡 城里町」の町域一覧

検索ヒット数:34件
市町村 町域 郵便番号
東茨城郡 城里町 あわ 311-4321
東茨城郡 城里町 あわやま阿波山 311-4344
東茨城郡 城里町 いしつか石塚 311-4303
東茨城郡 城里町 いその磯野 311-4312
東茨城郡 城里町 いわふね岩船 311-4331
東茨城郡 城里町 おおあみ大網 311-4403
東茨城郡 城里町 おがち小勝 311-4402
東茨城郡 城里町 おさか小坂 311-4316
東茨城郡 城里町 かつみざわ勝見沢 311-4317
東茨城郡 城里町 かみあおやま上青山 311-4305
東茨城郡 城里町 かみあかさわ上赤沢 311-4405
東茨城郡 城里町 かみあくつ上圷 311-4323
東茨城郡 城里町 かみあのさわ上阿野沢 311-4342
東茨城郡 城里町 かみいずみ上泉 311-4301
東茨城郡 城里町 かみいりの上入野 311-4313
東茨城郡 城里町 かみふるうち上古内 311-4315
東茨城郡 城里町 きたかた北方 311-4325
東茨城郡 城里町 ごぜんやま御前山 311-4341
東茨城郡 城里町 さなばた真端 311-4404
東茨城郡 城里町 しおご塩子 311-4401
東茨城郡 城里町 しもあおやま下青山 311-4304
東茨城郡 城里町 しもあかさわ下赤沢 311-4406
東茨城郡 城里町 しもあくつ下圷 311-4322
東茨城郡 城里町 しもあのさわ下阿野沢 311-4343
東茨城郡 城里町 しもふるうち下古内 311-4314
東茨城郡 城里町 すずこうや錫高野 311-4335
東茨城郡 城里町 たかく高久 311-4324
東茨城郡 城里町 たかね高根 311-4333
東茨城郡 城里町 たかねだい高根台 311-4332
東茨城郡 城里町 とくら徳蔵 311-4407
東茨城郡 城里町 なかさい那珂西 311-4302
東茨城郡 城里町 はるその春園 311-4306
東茨城郡 城里町 まごね孫根 311-4334
東茨城郡 城里町 ましい増井 311-4311

統計データ

「茨城県 東茨城郡」には、3つの町村があります。

人口・世帯数・面積・人口密度

「東茨城郡 城里町」の人口は、18,946、世帯数は、7,893、面積は、161.8km²、人口密度は、117人/km²です。

市町村名 人口 世帯数 面積 人口密度
東茨城郡 茨城町 32,022
男性:16,062
女性:15,960
13,317121.58km²263人/km²
東茨城郡 大洗町 16,464
男性:8,178
女性:8,286
7,67123.89km²689人/km²
東茨城郡 城里町 18,946
男性:9,411
女性:9,535
7,893161.80km²117人/km²
人口・世帯数:住民基本台帳に基づく(2021年8月発表)/面積:国勢調査に基づく(2020年10月〈最新〉)

「東茨城郡 城里町」の人口推移

人数 前年差
2021 18,946 -386
2020 19,332 -354
2019 19,686 -343
2018 20,029 -334
2017 20,363 -359
2016 20,722 -338
2015 21,060 -313
2014 21,373 -180
2013 21,553 -315
2012 21,868 -233
2011 22,101 -265
2010 22,366 -303
2009 22,669 -324
2008 22,993 -242
2007 23,235 -169
2006 23,404 -104
2005 23,508
----
人口・世帯数:住民基本台帳に基づく(2021年8月発表)

「城里町」の地域情報

城里町章.
城里町章.
城里町旗.
城里町旗.
ふれあいの里
ふれあいの里

城里町(しろさとまち)は、茨城県西北部の県央地域にある町。町名の由来は、当地域が水戸城の北に位置し、昔から「城北(じょうほく)地区」と呼ばれていたことから「城」。各町村に「ふれあいの里」「うぐいすの里」「山びこの郷」があったことや、日本のふるさとのイメージがあることから「里」という字を使い「城里」と命名されたことによる。